脇脱毛でどれぐらい空ける期間が必要か

人気の脇脱毛ですが、すぐに終わらせたいと思ってもサロンやクリニック側である一定期間を保って予約を取るようにと言われます。

契約する側としては、早く続けたいと思って一カ月おきでもいいぐらいなのですが、空ける期間が必要なのです。これはなぜかと言うと、毛の生える周期があるからです。

効率よく脱毛したいなら毛周期に合わせることが鉄則

脇脱毛をするときもそうですが、毛には生える成長期、抜け落ちる退行期、そして生えない休止期というのがあります。肌の表面に見えている部分は成長期の毛ですが、約3分の1ほどしか出てきていません。

そのため、効率よく脱毛をしたいと思ったら、毛周期に合わせて空ける期間が必要となってきます。一般的には脇脱毛をするときには約2ヶ月ほどのサイクルで予約を取るようにと言われます。

遅すぎず、早すぎずというぐらいの周期なので、脱毛をしてみたいと思ったら、大体どのぐらいの期間で自分は施術を終えたいのかということも考えながら利用する時期を考えてみましょう。

脱毛完了までの日程を決めておくと続きやすい

注意したい点としては、いくら空ける期間の話を聞いていたとしても、空けすぎまたは空けなさすぎの日程で次回の予約を入れるのはやめましょう。

早すぎてもまだ毛は生えていないので意味がありませんし、遅すぎると今度は毛周期が合わなくてなってしまって、位置からやり直しのような状態になってしまいます。

最初に大まかでもいいので空ける期間のことも考えながら、完了までの必要日程を決めて契約をすると継続しやすいです。

範囲の狭い脇脱毛に最適なのは

高い効果はお墨付きのニードル脱毛

脇脱毛はごく狭い範囲を処理するものですので、時間のかかる施術でも問題ありません。ですから、費用や時間がかかることがネックだと言われているニードル脱毛を選ぶことも可能です。

ニードル脱毛のメリットは、効果が非常に優れているというところです。

効果だけを比較するともっとも優秀だと言われていますので、脇脱毛だけを考えているのならニードル脱毛を選んでみるのも良い方法です。

短い期間で脱毛が完了するレーザー脱毛

狭い範囲ではありますが、なるべく短い時間で終えたい、期間を短くしたいという場合にはレーザー脱毛や光脱毛が適しています。

レーザー脱毛は一回当たりの時間も短めですが、光脱毛と比べると終了するまでの回数が少なく済むというのが大きな特徴です。スケジュール管理が難しい人は通う回数を減らしたいと考えますので、その場合はレーザー脱毛が良いかも知れません。

施術の時間が短くて気軽に受けられる光脱毛

一回当たりの施術時間がとても短いのは光脱毛であり、一照射当たりに処理できる本数が多いのでちょっとした空き時間を利用して施術を受けることができます。

脇脱毛程度なら家庭用脱毛器で処理を行った方が安く済むのではないかと考える人もいますが、実際には機器を購入するよりもキャンペーンなどを利用して脇脱毛のみを受けた方がかなり安く仕上がります。

このように限られたパーツの場合には、どのような施術が向いているのかを考えながら選ぶことが大切です。脇脱毛は多くの人が考える場所であり、キャンペーンの対象になっていることも多いようです。

 

受けたい脱毛が決まったら、当サイトが集めた福岡で評判のサロンで脇脱毛を始めてみては?

脇脱毛で評判のいいサロンまとめ@福岡で始める